パッシブZEHのご提案

パッシブゼッチ|堺市の注文住宅はシードホーム

SEEDHOMEは
家族が永く快適に暮らせるパッシブZEHのお家をご提案します

 

パッシブデザインとは?

SEEDHOMEのお家に住まわれるご家族が「満足できる家」をつくるには、室内環境の質の向上が不可欠です。
冬暖かく、夏涼しく、自然光で明るいという誰もが憧れる室内環境を実現するには、パッシブデザインという手法が適しています。
パッシブデザインとは、太陽光、日射熱、風などの「自然エネルギー」を上手く利用しながら、快適で満足のいく住まいづくりをするための設計手法。
SEEDHOMEでは、太陽の光があらゆる場所に差し込み、窓からは心地よい風が通り抜け、寒い冬の日でも暖かく、夏の暑い日はひんやりと涼しい、一年を通して快適な住まいをデザインします。
また、パッシブデザインは、省エネルギーという指向にも一致します。
1年を通じて、小さなエネルギーで心地よく暮らせる住まいが実現されれば、寒い、暑い、風が通らない、暗いといった ストレスから解放され、かつ光熱費の負担も小さくなります。
自然を味方につけながら、快適さを最優先で考えた手法がパッシブデザインです。

 

ZEH(ゼロエネルギーハウス)とは?

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、エネルギーが0(ゼロ)のお家の事です。
人が生活するうえで、光熱費などの消費エネルギーがゼロでは暮らしていくことはできません。
しかし、光熱費が気になって我慢をして暮らすと体を悪くしてしまいますし、
かといって年中冷暖房をガンガンにつけていると光熱費があっという間にかさみます。
そこで国をあげて推進している事業の一つがZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)なのです。
生活に必要なエネルギーと同じくらいのエネルギーを、太陽光などをつかって自分で創り出し、
消費エネルギーと創り出したエネルギーをおおむね一緒にさせた家の事をいいます。
年間の収支をプラスマイナス「ゼロ」にしていく事が可能な住宅が、
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」なのです。

→ ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)についての詳細はこちら

 

パッシブZEHとは?

パッシブZEHの家とは、
自然のチカラを利用して
省エネルギーを実現するパッシブデザインと、
太陽光発電などの創エネルギーで
実質的に消費エネルギーをゼロに抑える住宅(ZEH)が
上手く融合し合った
「低燃費+快適」な家のことを言います。

SEEDHOMEのお家は、このパッシブZEHの家が「標準」となります。
夏涼しくて、冬はポカポカ暖かい。
高気密・高断熱の魔法ビンのような高性能な家を
地域の皆さまにご提供しご満足していただくことが
SEEDHOMEの目指す家づくりなのです。

パッシブゼッチのイメージ図

 

冬暖かく、夏涼しく、自然光で明るい:5つのポイント

パッシブデザインの5つのポイント

POINT 1 : 断熱

夏は涼しいまま、冬は暖かいままの快適性を持続する断熱性能。エアコンに頼り過ぎることなく、室外の気温に左右されにくい室内温熱環境を実現することで冷暖房エネルギーの軽減を図ります。
→ 高気密・高断熱・高耐震のSW工法

《 SEEDHOMEの基準値 》
* Q 値(熱損失係数)*
1.58w/㎡k以下
[国の基準:2.7w/㎡k]

* UA値 (外皮平均熱貫流率)*
0.51w/㎡k以下
[国の基準:2.7w/㎡k]

リクシル・スーパーウォール工法の高気密・高断熱※一次エネルギー消費量は、約600MJ/(m2・年)以下としています。
※Q値とは熱損失係数のことで、住宅の断熱性能を数値化したもので、値が小さいほど断熱性能が高くなります。
※C値とは建物の隙間相当面積のことで気密性を表し、値が小さくなるほど気密性が高くなります。

壁・屋根の断熱

 

POINT 2 : 日射遮蔽

高い位置から照りつける夏の太陽熱を遮る日射遮蔽(しゃへい)。
パッシブデザインでは、軒や庇(ひさし)の長さに工夫を凝らすだけではなく、窓の取付位置などもひとつひとつのお家に対して熟考いたします。夏の陽射しは出来る限り室内に入らないように、冬の陽射しはたくさん取り込めるように。そうすることにより、夏は涼しく・冬は暖かい快適な室内を実現する事ができます。
また、夏の日射熱を防いだパッシブデザインのお家は、冷房をスタートさせる段階で他のお家よりも気温が低い状態にあります。ですので、冷房にかけるコストが格段にカットされ省エネルギーにもつながります。

例1:軒を少し長くするだけで、同じ時刻の日射を遮ることが出来ます。
(夏の高い陽射しを防ぎ、冬の低い陽射しは窓から取り入れる事ができます。)

 

例2:シェードなどといった外付けの日よけも、大きな効果が出ます。

 

POINT 3 : 通風

身体に風が当たると、涼感を得ることができ快適に感じます。
春や秋などの中間期に風通しを良くし、この季節の心地良さを存分に味わっていただけます。
また盛夏の夜には暑い熱を逃がし、自然の力で建物全体の室温を低下させます。

このグラフは堺市の「よく吹く風向き」を示しています。時間によっても変わります。
お家を建てる地域や敷地によって変わる自然風を効果的に取り入れる工夫をします。

この自然風を効果的に取り入れる方法ですが、いくつかございますので代表的なものをご紹介します。

「ウィンドキャッチャー」

窓に平行に吹いてくる風を捕まえるように、設置位置と開け方の工夫をします。
従来比約10倍の風が部屋の中を通ります。

ウィンドキャッチャー


「立体通風」

吹抜を通して上下方向に風が通るように窓を配置します。
立体通風

 

POINT 4 : 日射熱利用暖房

日射熱暖房利用とは、冬に太陽熱を積極的に採り入れて、その熱によって部屋を暖め快適感を高めます。「集熱」「断熱」「蓄熱」をしっかり考えてデザインするため、暖房エネルギーもしっかり削減でき、省エネ効果も高くなります。おひとつおひとつの土地の「冬至の日照時間」をしっかりと計算し、冬のリビングへの日当たりを検討しデザインしていきます。

 

『敷地の日照条件の分析とシミュレーション』

敷地の方位や周辺の風向・日照条件をリアルに反映したシミュレーションにより、建物を建てる方向、軒の出、庇(ひさし)の仕様による日射の影響を詳しく検討し、設計施工に反映させます。

[ 夏と冬の屋外の日照の比較 ]

《 冬 》:冬至(12月22日頃)は太陽高度が低いので部屋の奥まで光を取り入れる。

《 夏 》:夏至(6月22日頃)は太陽高度が高く、光を遮る事を検討する。

 

POINT 5 : 昼光利用

太陽光をそのまま光として利用し、昼間に照明を必要としなくても過ごせるようにします。自然光だけで過ごせる時間があるという事は、無駄なエネルギーを使わずに済むので、省エネに繋げることができます。昼光利用の方法には下記のようなものがあります。

「採光」

日中長く過ごすリビングなどは2面以上の窓を設けます。

「導光」

吹抜はもっとも一般的な導光の方法です。
特に南側の1階の窓に日が当たらないような立地の時に、1階を明るくする手法として極めて有効です。

 

パッシブZEHのメリット

① コスト削減

パッシブZEHのお家は、デザインの段階から「自然エネルギー」を上手く取り入れられるように設計されているので、光熱費がかかりません。
窓からは自然の風が効率よく入りやすくなり、夏の熱い日射はさえぎられ、冬の優しい陽射しが長く部屋に入ってくるようになっています。
自然と冷房・暖房を使う時間や期間が短くなるので、無理なく無駄なく最小限のエネルギーで暮らす事ができるのです。
また、冷暖房の設備というものは、使う頻度が高いと故障しやすくなりますし、年月が経てば寿命が来て新しい設備を入れなければならなくなります。
パッシブZEHのお家だと、長い年月で考えた時に、設備投資の費用も抑えられる結果になります。
普段の生活にかかる光熱費を減らしつつ、設備投資も抑えることができるパッシブZEHのお家は、
一生にかかるトータルコスト(総支払額)が安く済むお家となるのです。

② 補助金交付

パッシブZEHのお家は、国がゼロエネルギー住宅の普及を後押しするために、 一定の条件をクリアした場合に補助金を用意してくれています。
ゼロエネルギー住宅にすることにより 長期優良住宅などの認定が可能になります。 → 税制優遇が適応

 

③ 家族の健康

パッシブデザインのお家は、家族の健康維持・改善が可能となってきます。
夏は涼しく、冬は暖かくなるようなデザインのお家に、気密性・断熱性の優れたスーパーウォール工法を組み合わせることによって、 24時間365日快適な住まい空間・室温をより保つ事ができます。 真冬などでも部屋間で温度差も少なくなりますので、お風呂場で発生しやすいヒートショックなどの死亡原因も減らす事ができます。
また気密性が高いスーパーウォール工法の計画換気システムにより、空気のよどみもありませんので、喘息やアレルギーの改善も期待できます。

ページ上部へ戻る