家づくりへの想い

 

〈憧れからこの職業に・・・〉
小さい頃から物を作る事が大好きでした。

中学の部活の帰り道、どんどん形になっていく家の前で、子供心に
『かっこいいな、すごいな』っと足を止めて良く見ていました。
そんな想いが建築の道に入りたいと思うきっかけでした。
憧れだった建築の仕事に携わり、住宅・マンション・医療施設・店舗・・・
あらゆる建物を建てさせて頂きました。
たくさんの人との出会い、そしてたくさんの気づき、勉強をさせて頂きました。

私自身、21才で中古の家を購入し、失敗したという経験があります。結婚して持ち家に住みたくて散々探し購入した結果です。
その時は「その家を買えるか、買えないか」の選択しかなく、高額で購入したその家は、とても寒くて暑い家だったのです。
お金を払った日以降、不動産屋さんが訪ねてくれる事はもちろんなく、メンテナンスもありません。
そんな家を高額で購入してしまったのです。

あれから建築の仕事に20年以上携わりました。
自身の家づくりの失敗を教訓にし、これから家づくりをされるご家族にとって信頼できる良き相談者でありたい。

そう思うようになりました。

家は人生で最も高価な買い物です。
ご家族の変化する暮らしを想定し、資産性のある家を建てること。
私たちの家づくりは大量生産はできませんが、1つ1つ丁寧に仕上げることにこだわりをもっています。

人それぞれに勝手が違う「生活動線」や「家事動線」。何気ない会話の中に答えが隠れています。
想いに寄り添い、たくさんの話を聞かせて頂きカタチにする。

ご家族の喜ぶ顔を思い浮かべながら・・・。

そして一緒につくり上げた家が完成した時、何物にも代えれない最高の喜びとなります。
実際暮らして、すみごこちを聞かせて頂くのも楽しみのひとつです。

数年経って「家づくりの打ち合わせの時に、ここをどうするか悩んだよね」と「こうしておいて
良かったね」とご家族の良い想い出となってくれたらと思っています。

ご家族が快適に健康に暮らせる。そんな家づくりをお約束します。

 

株式会社 SEEDHOME
代表取締役 久原 貴博

ページ上部へ戻る