優秀賞受賞!! ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018

シードホームはハウスオブザイヤー2018優秀賞を受賞
この度、シードホーム・注文住宅商品の『ありがとうの家(ありがとうE-ZERO)』は、一般財団法人日本地域開発センター主催のハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018において、《優秀賞》を受賞する事ができました!
シードホームでは、災害に強い安心安全な建物躯体の提供と、健康面に配慮した心地のいい家づくり、余計なエネルギーを発生させないゼロエネルギーハウスの普及を目指し、地域の皆様に貢献してまいりたいと考えております。

 

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーとは?

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」とは、2007年に立ち上げられた表彰制度で、建物躯体と設備機器をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギー性能やCO2削減等へ貢献する優れた住宅に対して表彰が行われます。
全国42都道府県から応募がある全国的な表彰制度で、2018年には企業数(204社)および申請件数(285件)の応募がありました。

 

当社の表彰内容

受賞商品 ありがとうE-ZERO
受賞名 優秀賞
表彰日 2019年3月25日
主催 一般財団法人日本地域開発センター
《ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー公式サイト》
評価の視点 視点1:外皮・設備の省エネルギー性能値
視点2:多様な省エネルギー手法の導入および健康・快適性・その他の取り組み
視点3:省エネルギー住宅の普及の取り組み

 

当社の受賞商品のご紹介

シードホームはハウスオブザイヤーインエナジー2018優秀賞を受賞 シードホームはハウスオブザイヤーインエナジー2018優秀賞を受賞 シードホームはハウスオブザイヤーインエナジー2018優秀賞を受賞 シードホームはハウスオブザイヤーインエナジー2018優秀賞を受賞 シードホームはハウスオブザイヤーインエナジー2018優秀賞を受賞 シードホームはハウスオブザイヤーインエナジー2018優秀賞を受賞

ページ上部へ戻る